ミラティブでわからないことはこちらから質問下さい。
※返信はできないのでご了承下さい


    Mirrativ – オーブやコインの有効期限が180日の理由は法律が関わっていた

    この記事は約5分で読めます。

    ミラティブのオーブが180日で短いと思ってる方、けっこう多いと思います。
    実は、180日なのには理由があったのです。

    ※法律についてもっと知りたい方は、e-gov法令検索等を使用して下さい。

    オーブの仕様についてはこちら
    コインの仕様についてはこちら

    なんでオーブやコインは180日なの?

    実は法律(資金決済法)には前払式支払手段まえばらいしきしはらいしゅだんというものがあるのです。これが180日(6ヶ月)になった原因といえます。

    早速よくわからないワードが出てきましたが、順番に解説していきます。

    「前払式支払手段」とは、例えば商品券やカタログギフト券のことを指します。

    とりあえず、この条件をすべて当てはまった場合は、前払式支払手段になります。

    ※わからない場合は読み飛ばして平気です。

    前払い支払手段になる条件
    1. 金額又は物品・サービスの数量(個数、本数、度数等)が、証票、電子機器その他の物(証票等)に記載され、又は電磁的な方法で記録されていること。
    2. 証票等に記載され、又は電磁的な方法で記録されている金額又は物品・サービスの数量に応ずる対価が支払われていること。
    3. 金額又は物品・サービスの数量が記載され、又は電磁的な方法で記録されている証票等や、これらの財産的価値と結びついた番号、記号その他の符号が発行されること。
    4. 物品を購入するとき、サービスの提供を受けるとき等に、証票等や番号、記号その他の符号が、提示、交付、通知その他の方法により使用できるものであること。

    説明をすると非常に長くなるので説明は省きますが、この4つは満たしています。

    なので、対象になるはずですが、オーブやコインは前払式支払手段に含まれません。

    なぜでしょうか。

    実は、前払式支払手段(商品券など)の有効期限が6ヶ月(180日)を下回っていた場合、前払式支払手段にはならないのです。

    わざわざ有効期限を短くしてまで対象内になりたくないということは、ミラティブはオーブやコインが前払式支払手段になるのが嬉しくはないということになる可能性が高いです。

    では、なぜミラティブにとって嬉しくないのでしょうか。

    保証金を用意する必要がある

    実は、先ほど説明した前払式支払手段には発行保証金はっこうほしょうきん供託きょうたく義務」があります。
    発行保証金の供託義務は例を上げて説明します。

    ひみっちゃん
    ひみっちゃん

    仮に△△というゲームを運営している○○社が倒産してしまったとします。
    そのとき、ゲーム内通貨はどうなるでしょうか?
    無くなってしまいますよね?
    そこで出てくるのが「発行保証金の供託義務」です。

    ユーザー側が持っている未使用残高(ゲーム内通貨)が1000万円相当を超えていた場合、その半分以上相当の金額を事前に供託所(法務局など)に預けなければならないのです。

    もしものときがあったらユーザーに払うということですね。

    供託所
    供託所

    3月末もしくは9月末の時点で、未使用残高が1000万円以上ありますよね。
    半分以上の金額をこちら(供託所)に預けて下さい。

    要は、もしものこと(倒産など)があったときに「ちゃんと通貨相当の金額を払えるようにしとけ!」ということです。
    ユーザーにとっては嬉しいとは思います。

    しかし、ミラティブが真面目に払うとかなりの額になります。

    試算してみましょう

    1日で20万ユーザーがミラティブをやっていると考えてみて下さい。
    1人あたり毎日20オーブ獲得した場合は1日400万オーブ、年間で14億6000万オーブになります。
    保証金は半分以上払わなくてはいけないので、最低でも毎年7億3000万円を預ける必要があります。これはかなりの額です。

    有効期限を180日にするだけで預ける必要はなくなるので、かなりミラティブ的には楽にはなるでしょう。

    まとめ

    有効期限を180日より長くしまうと、多額の保証金を預ける必要があるので、ミラティブは有効期限を180日にしている。
    ということになります。

    ミラティブがミラティブとして継続して利用できるのはこのような細かい部分でやりくりしてくれているのかもしれませんね。

    それでは、良いミラティブライフを!

    今回の記事の参考リンク

    資金決済に関する法律
    https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=421AC0000000059

    新たな資金決済サービス イノベーションの促進と利用者保護について
    https://www.fsa.go.jp/common/about/pamphlet/shin-kessai.pdf

    資金決済法の施行(前払式支払手段について)
    https://www.azx.co.jp/modules/malma/index.php/content0037.html

    アプリ内課金を導入する際に知りたい!資金決済法4つのポイントとは
    https://topcourt-law.com/finance/fund_settlement_app_charges

    資金決済法にいう「6ヶ月」とは?前払式支払手段の有効期限を解説!
    https://topcourt-law.com/finance/six-months_-prepaid-payment


    https://www.s-kessai.jp/businesses/prepaid_means_overview.html

    タイトルとURLをコピーしました